肌 ハリ

肌のハリをキープ > コラーゲンが不足する原因はなに?

コラーゲンが不足する原因はなに?

コラーゲンが足りなくなる、減少する原因は複数あります。

ここでは3種類のコラーゲン不足の原因を挙げますので、気になる人はチェックしてみてください。

まず、これはもっともよく知られていることですが、加齢が原因でコラーゲンは不足します。

50代以降はピーク時の半分以下の量になるともいわれていますので、積極的に補給してあげないと美容や健康を損ねることにもなりかねません。

黙っていても20代後半ぐらいからどんどん減っていくコラーゲンですが、これに追い討ちをかけるのが紫外線です。

紫外線はコラーゲンを破壊する作用があるため、不足を招く原因になってしまいます。

厄介なことに紫外線は年中降り注いでいますし、屋外だけでなく屋外にいても浴びることになるものです。

UV対策は若い頃から徹底的におこなって、コラーゲンが破壊されないように努めましょう。

なお、いったん紫外線で壊れたコラーゲンは自己修復してくれませんので、外部から補給してあげる必要があります。

そのほか、生活習慣もコラーゲンが不足する原因になると指摘されています。

寝不足の状態が続いていたり、ストレスが溜め込まれた状態を放置していたりすると、コラーゲン不足を招いてしまうのです。

生活習慣がコラーゲン不足を招くのは、ホルモンの一種であるコルチゾールが過剰に発生するためです。

このホルモンがコラーゲンを壊してしまうため、十分な睡眠をとったりストレスを解消したりして、コラーゲンをコルチゾールから守ってあげることが大切といえるでしょう。


肌のハリをいつまでもキープしたい!コラーゲンでアンチエイジング メニュー